料理って、不思議。旦那さんが作ってくれたおにぎりがとてつもなく美味しく、自分が握ったものと味が違がった件。

おにぎりを握る、旦那さんの気持ちから料理をつくる気持ちを考えてみた

こんにちわ。

嫁です。

この前の夜の出来事。
ちょっと、小腹が空いていて。

「なんとなく、もう少しお腹に入れたい・・」

ぼそっと言ったら、

「おにぎり作ってあげようか?」

と、旦那さんが言ってくれたので、
おことばに甘えて作ってもらいました。

そして、
一口、パクっっ・・・

「ん?うまっ!」

そして、私が作ったものと味が違う!

ご飯もふりかけものりも、
何も変わらないのにね。

作る人が変わるとこんなに味が変わるのかー。
料理って不思議。
私が作ってるやつも私が食べている味と違うようにみんな感じているのかなー。
何か、料理の見方が変わるわー。」

いつも、美味しいと言って、
ご飯を食べてくれる旦那様ですが、
その気持ちが少しわかったのでした。
もう少し、
素直に「美味しい」のことばを受け止めようと思います。

手作り料理って、
本当、
その人の気持ちや、
相手を想う気持ちがとても反映されるね。

ちょっと、
視点を変えてみたら、
相手が自分を想ってくれている事も、
自分が相手を想ってくれいている事も、
気づける。

それが、認識出来ないのは、もったいないね!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)