長続きする彼氏との付き合い方

image

よくある、コミュニケーションのズレ。旦那の気持ちと嫁の気持ちとその対処方法

こんにちわ。嫁です。

今日は、旦那がブログに出した事例のときに私が何を感じ、考えていたかを書きますね。

この日は、別々の所で知り合った私の大好きな人達が会って欲しいなーと思い開いた食事会でした。

元々、旦那は行く予定ではなかったのですが、友達から、パートナーを連れていっても良いか?
という連絡が。

そこで、私は、パッと、閃きます!
「友達がパートナーを連れてくるなら、旦那が居たらもっと楽しいかも♪」

「私の大好きな人達が会うわけだし、旦那とは別で会ってもらおうと思っていたけど、みんな一緒でも、ありかなー❤︎うふふ❤︎」

「この話をした時、旦那がその場に行けないのが、さみしそうな顔もしてたしなー♪友達がパートナーを連れてきてくれるなら、そのタイミングかも♪」

そんなノリで、旦那に連絡。

私は、その時、旦那がスウェットで準備には相当時間が掛かりそうな事や仕事でお疲れ気味だった事は分かっていましたが、伝えるだけ伝えて、断られるよりは、伝えないで、後から、誘ってくれれば良かったのにーと言われ、せっかくの会う機会を逃すよりは、良いかと嫁は判断してのこと。

なので、私としては、旦那が断ってきても、『気まずい』なんて事は微塵もない。

が、Facebookでやり取りしている旦那の様子がなんだか、おかしいのは分かります。
そしたら、ご存知の通り、旦那のこころの動きはこんな感じ。

「他のカップルもいらっしゃる中で嫁一人だけというのは心許ないだろうし、申し訳ないと思うわけです。」

「どうして、こんなに疲れているのに気を使わないでそんな事言うの!どうして…」。」

「どうせ僕の事は無視をして自分の事を優先にして僕はあなたの期待に応えなきゃダメなんでしょ」と思い込んでしまいます。」

………((((;゚Д゚)))))))

ズレ過ぎでしょう。。。

でも、ケンカって、こんなものです。
相手の判断基準、お互いの無意識にある“どうしても”を知ろうとせずに自分の言いたいことばかり言っていたら、一生解決出来ません。

ケンカをした時は、お互いの中にある判断基準、無意識的な“どうしても”を知ろうし、相手が、何を感じているのか、考えているのかを自分が言いたいことは置いておいて、コミュニケーションをとること。

これが、本当に大事!

その会話がお互いを理解する事につながり、絆を深めていきます。

image

やっぱり、絆を深めるコツは、自分や相手の“どうしても”に気付き、お互いに寄り添う事を約束していること。

こういう“どうしても”という無意識は例外なく誰にでもあります。

そこに対して、どう向き合うか。

お互いにどう約束しているのか。

もし、一方的にあなたに話を聞いて欲しい。あなたと向き合いたいと言っていても、相手にその気持ちがなければ、話は進みません。

また、その原因を私は向き合いたいのに相手が向き合ってくれない。と、絆を深められない原因を相手のせいにしている内は、絆を深める事は絶対に無理です。
その時点で相手の“どうしても”を知ろう、寄り添おうという気があなたにないのですから。

あなたと向き合いたくない“どうしても”の無意識が相手にあるということにまず気づき、自分が言いたい事より、相手に寄り添おうとするコミュニケーションが大事です。

例えるなら、私は向き合いたいのに相手が向き合ってくれないと言っているのは、相手は、お腹いっぱいだ!と言っているのに、それは、聞かず、山盛りの料理を食べなさい!と言っているようなものです。

そんなコミュニケーションをとっていて、仲良くなれるでしょうか?

なので、相手との絆を深められない原因は何か、自分に相手と交われない『判断基準』無意識的な“どうしても”が『自分』の中にあります。

相手と向き合うことは、自分と向き合うこと。

自分の判断に責任を取ることです。
それが、本当の意味で、大好きな相手を知り、自分を知ってもらい、絆を深めていくコツです。

そこをお互いに決めていれば、絆は深まる方向にしかむしろ進みませんので、自分の言いたい事や伝えたい事なおいておいて、まず、相手を知ろうするコミュニケーションがオススメです( ^ω^ )

それを日々、実践しているので、私達はけんかするたびに仲良くなっています♪

実は、私より、繊細な旦那様。
私の天真爛漫さが彼を傷つけてしまうような事があるたびに、そのこころを知ることで、色んな事を学びながら、楽しめるこの関係は、最高です(*^^*)

あー。最後、また、のろけました!笑

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)